FC2ブログ
アイフルホームで新築、笑うか泣くか
アイフルホームで新築(建て替え)することになりました。 ブログの記事が大変参考になりましたので、恩返しというほどではありませんが、ワタシも建築のプロセスなどを書いていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


光熱費(08年5月分):ビックリ!

5月分の電気料金は4月22日~5月25日の34日分で6,882円でした。

08/06/08

当然の事ではあるんですが、3月以降減ってきた料金が今回も更に下がっていました。

驚いたのは前年同月との比較‐‐‐昨年5月は電気代が9,211円、プロパンガス代が2,640円、計11,851円でしたから、たいへんな違いです。

ガスの分が電気に置き換わっているのに、電気代だけで比較しても今年のほうが少ないとは‐‐‐

殆ど変わらない暮らし方をしているのに‐‐‐間違いじゃないかと思う程のビックリです。

【電気料金について参考にしていただいたり、ご意見をいただいたりするためのベースになる数字】
家:2階建て、床面積141㎡(42.7坪)、5LDK  オール電化です。
家族:2.5人。ワタシたち(老)夫婦で2人。0.5人というのはワガヤを仮眠所・基地・セカ
ンドハウスの如く考えている気配の息子。
契約種別:電化上手(季節別時間帯別のこと。東京電力の呼び名)
基本料金:契約容量6kVA 1,260円。(ちなみに7 kVA~10 kVAは2,100円、10 kVA超は1 kVA当り+273円)
電力量料金(1kWh当り)
 昼間(10~17時)
  夏季(7~9月)        31.55円
  その他季          26.46
 朝晩(7~10時、17~23時) 21.31
 夜間(23~7時)         7.35
 燃料費調整(08年4~6月)  +1.35
割引額
 通電制御型夜間蓄熱式機器割引(いわゆるマイコン割引) 1 kVA当り136.5円
  ワガヤの場合:蓄熱暖房器7kVA、温水器4.4kVAで割引容量11kVA
 全電化住宅割引:夏季昼間を除いた電力量料金の5%


例によって1~5月を、それぞれ30日分に換算した上で比較すると‐‐‐
         1月   2月    3月   4月    5月
使用量(kWh)
  昼間     76    80    70    76    59
  朝晩     147   143    135   126   125
  夜間    1,112  1,134    792    536   242
  計     1,335  1,357    997    738   426

料金(円)   13,490  13,681 10,588   8,958  6,037

5月の電気代が減った訳‐‐‐その殆どは蓄熱暖房器が完全にストップしたことによるものです。

昼間の使用量が減ったのは、はっきり思い当たる事はないのですが、個室でたまにつけていたエアコン(暖房)を、もう殆どつけなかったからかなーと思います。


先に書いた前年同月との比較‐‐‐
どちらも偶々34日分でしたので、30日換算はせずにそのまま比較してみます。
             昨年5月分     今年5月分
基本料金          2,100       1,260
昼間料金          4,140       1,772
朝晩料金                    3,026
夜間料金          2,771       2,014
燃料費調整         200        652
全電化&機器割引             -1,842
計              9,211円      6,882円

(契約の種類が違いますので、単価も少し異なります。また、昨年の昼間料金は今年の昼間料金+朝晩料金に相当します)。

使用量に関わる料金だけ(燃料費調整を除く)を比べると、昨年は6,911円、今年は6,812円です。燃料費調整も加えると、単価(1kWh当り)が0,36円から1,35円に上がっていますので、昨年は7,111円、今年は7,464円、いずれにしても、マア似たような金額です。

ですから、トータルで今年のほうがかなり少ないのは基本料金の差と割引の有無という事になります。

基本料金の差は6kVA以下と7~10 kVAの違いです。

前の家は8 kVAでしたが、今は6 kVAです。

30年前のことでよく覚えていないのですが、工務店と電気屋さんとが、家族数や部屋数などから、この位がいいだろうと決めたんだろうと思います。

今度は、アイフルホーム守谷店と電気屋さんがしっかりしていました。

基本料金に関しては、30年間無駄をしていたような気も‐‐‐

(2,100-1,260)×12ヵ月×30年‐‐‐30万円ですねー。

ちりも積もれば、といったところでしょうか。


使用量(kWh)で比較してみると‐‐‐
         昨年5月分    今年5月分
昼間        179        67
朝晩                 142
夜間        377       274
計         556 kWh    483 kWh

昼間+朝晩は、昨年の179 kWhに対して今年は209 kWhで30 kWh多くなっていますが、これはキッチンがガスからIHクッキングヒーターに換わった分とみていいでしょう。

夜間については‐‐‐昨年の夜間は温水器分が308 kWh、その他が69 kWhと、内訳が出ています。

今年は計器が分かれていないので内訳は出ていませんが、昨年の数字と、2台あった冷蔵庫の1台を処分したことを考慮すると、274 kWhの内訳は、その他を45 kWh位とみてよさそうです。そうすると温水器分は229 kWhになります。

温水器の使用量が、308から229へ、かなり減ったことになります。

原始的な温水器を付けたつもりでしたが、この30年の間に、それなりに省エネ仕様になっている事が分かりました。
前のは通電制御型ではなく、機器割引もありませんでしたし‐‐‐


ところで、燃料費調整という言葉‐‐‐

電力会社は頭がいいですねー。

実質的には値上げでも、値上げの感じがウスラギマス。



にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へにほんブログ村 住まいブログへ


スポンサーサイト

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ


この記事に対するコメント

契約の種類が違うとこうも変わってくるのですね!
30万円は大きいです・・・(T△T) そんなぁ…

うちの場合、今の時期は確実にプロパンの方が安かったです。
(5月は3千円台、夏場は2千円台でした)
なんでかなぁi-203
岡山は都市ガスが高いのかしら・・・。
【2008/06/10 18:16】 URL | 亨珈 #935qcF/Y[ 編集]

亨珈さん、いつもコメント有難うございます。

電気の契約容量って結構大事なことなんだと認識を新たにしましたが、いつの間にかどこかで勝手に決められていることも多いんじゃないでしょうか。
特に、適当だと思われる容量がボーダーラインにある時は、よく考える必要がありますね。

ガスの料金‐‐‐大いなる謎ですね。
【2008/06/11 19:48】 URL | friday8 #zd2NwEL6[ 編集]

ブレーカーが結構落ちるからって、容量を増やすのではなく、落ちる原因を
考えて対策を練った方が良いときもありそうですね。

例えば浴室暖房とIHとエアコンを同時に使うと落ちるとかなら、そのお宅は、
浴室暖房を付ける時間以外は、いままでの容量で大丈夫。
なら、浴室暖房を入れるときだけ、IHかエアコンを止めればいい…とかですね。

エコとかにはあまり影響しませんが、電気会社に余分に払うことは無くなりそうです。
【2008/06/12 11:42】 URL | おきらく旦那 #yzZvjdco[ 編集]

おきらく旦那さん、いつもコメント有難うございます。
おっしゃる通り、アタマを使えば少ない容量でもOKのことがありますね。
東京電力の場合は、6kVAが基本料金のボーダーラインですので、6kVAではギリギリという家では迷うでしょうね。
【2008/06/14 09:22】 URL | friday8 #zd2NwEL6[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://fri8.blog102.fc2.com/tb.php/88-61a25db6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。