FC2ブログ
アイフルホームで新築、笑うか泣くか
アイフルホームで新築(建て替え)することになりました。 ブログの記事が大変参考になりましたので、恩返しというほどではありませんが、ワタシも建築のプロセスなどを書いていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


勝手に制震?

ゆうべ7時過ぎ、ソコソコの地震がありました。

震源地は茨城県南部、震度4。ウチのあたりで震度3でした。

ここら辺は地震が多いです。

何しろ「地震の巣」のすぐ近くらしくて‐‐‐マア、日本は地震の巣だらけだし、日本列島そのものが地震の巣だと言うこともできるんでしょうけど‐‐‐新居に移って4ヵ月ほどのあいだにも、何度もありました。

有感地震が何度あったのかは知りませんが、起きたとき家にいて、「ア、地震だ」と言ったのは、今回で3度目です。

どういう訳か、この家、ゆれが小さいです。

前2回もそうでしたが、今回も震度3というのに、前の家の時の震度2程度のゆれです。

まだアイフルホームに決まっていない時、営業の秋山さんに「アイフルホームで1番自信を持っているのは何ですか」と聞いたら、即座に「地震に強いことです」と言いました。

60年継続耐震補償のキャンペーンなんかをやっていたから、パッとその言葉が出たのかもしれませんが‐‐‐

ついでに書くと‐‐‐
その時、「それじゃあ、アイフルホームの弱点は何ですか」と少々意地悪な質問をしたら、「営業力が弱いことですかねー」という答えが返ってきました。

この応答、なかなか気がきいているなーと思ったものでした。

それはともかく、アイフルホームは耐震性・耐久性には相当の自信を持っているようです。

しかし、「耐震」ではあっても、「制震」や「免震」ではないんですよね。

アイフルホームがいかに奥ゆかしいからといって、だまって制震装置を付けてくれているなんてことはあり得ませんし‐‐‐

勝手に制震的な構造になっているのでしょうか。



いま素人なりに考えてみると‐‐‐

今まで漠然と、高耐震性の家も低耐震性の家も、ゆれそのものは同じかと思っていたのですが、違うんですね。

基礎の種類や施工がしっかりしていて、家の造りも良ければ、どうやら、ゆれそのものも小さいんですね。


にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へにほんブログ村 住まいブログへ

スポンサーサイト

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://fri8.blog102.fc2.com/tb.php/80-738d038b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。