FC2ブログ
アイフルホームで新築、笑うか泣くか
アイフルホームで新築(建て替え)することになりました。 ブログの記事が大変参考になりましたので、恩返しというほどではありませんが、ワタシも建築のプロセスなどを書いていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


蓄熱暖房器(2)

 1月19日付けの記事の続きです。

 ワガヤに付けた蓄暖はスティーベルだと書きましたが、実は違いました!

 少々注釈を要します。

 スティーベルがいつのまにかAEGに変わっていました。

 AEGというのは、かなり有名なドイツの家電メーカーですよね。
そこの製品を買ったり使ったりしたことはありませんが、名前だけは知っていました。

 アイフルホーム守谷店へはスティーベルを指定しました。

 既にユニットバスやシステムキッチン等を日立ハウステックのものに決めていたのですが、その日立ハウステックがスティーベルの蓄暖を扱ってると言うので、これは好都合だと思いました。

 ところがしばらくして、書類や図面にはワタシが指定した型番ETS-700TEJではなくWSP-700TEJと書かれているんです。

 アレッと思って秋山さんに聞いたところ、日立ハウステックは同じものだと言っていると‐‐‐

 カタログを貰ってスティーベルのカタログと比べてみたら、どうやらスティーベルからのOEM(他社ブランドによる生産)供給品らしいと分かりました。

 日立ハウステックも、ただ同じものだと言うだけでなく、ひと言OEMだと言ってくれれば話は早かったのに‐‐‐ブツブツ‐‐‐

 この記事を書くに当たり、念のため日本スティーベル社に確認のTelをしたところ、ビックリというか何とも素晴らしい答えが返ってきました。

 「ETS-700TEJとWSP-700TEJは同じものですね」と聞いたら「いや、違います」。

 「どう違うんですか。別なものなのですか」と尋ねたところ「前面に貼ってあるラベルが違います」ダッテ!!‐‐‐

 こういう答えの出来る人、色々な意味でスゴイヒトです。

 ほかにも確認することがあったんですけど、気がそがれて聞かずじまいに‐‐‐

 まあ、こんな事で、正しくはAEGなのですが、ワタシの気分としてはスティーベルを付けたつもりです。
2/2
これです。

ファン付き、時間帯別電灯契約用のものです。
容量別に6種類ありましたが、一番大きい7kWのもの、700TEJにしました。

 サイズは高さ65cm、幅148cm、大きいです!

 でも、奥行き24.5cmとスリムですっきりしていますので、目障りとかいうことはありません。窓の下とか、もともと家具など置く予定のない所へ置けばいいんじゃないでしょうか。

 重量は、42個のレンガだけで301kg、総重量373 kg、重いです!!下敷きになったら大変ですね。普通の構造体の家なら、床の補強は不可欠です。(容量の小さいものでは、床の補強を必要としないものもありますが)。

 ヒーター7kW以外の消費電力は、ファンが26W、制御用が2Wで、微々たるものです。

 価格は、定価378,000円のものが305,000円、床・壁の補強と据付け費が45,000円、合計350,000円でした。

 北海道では、親戚や知人の話によると、もっと安いようですね。
たくさん売れるからでしょうか。

 こちらでも、ワタシのように簡単にスティーベルにしますなんて言わないで、2~3社の見積りを貰ってあれこれ迷っていれば、自然に(?)もう少し安くなるかもしれません。


 いま思うのですが、7kWもいらなかったかも知れません。
既に寒さ真っ盛りですが、蓄熱量には余裕があります。
4 kWか5 kWのもので間に合ったんじゃないかと‐‐‐

 北海道では、リビングには大抵7 kWのものが付いていますので、リビングには7 kWと思い込んでしまっていて‐‐‐
氷点下20度とかになる所と、せいぜいマイナス2~3度の所との違いをあまり考えませんでした。

でも、大は小を兼ねるし、色々な使い方が出来るから、これはこれで良かったかとも‐‐‐


 シーズンセンサーというものが付いており、毎日の蓄熱量は自動的に設定されます。

 どのように自動設定するかが設定されているわけですが、この地域用としては次のように初期設定されていました。
  蓄熱開始時の外気温度 20度
  蓄熱量の下限値     20%
  最大蓄熱時の外気温度 10度

 この値はある範囲内で変更できます(あたり前ですけど)。

 外気温度というのは、過去24時間の平均です。

 蓄熱量に余裕がありすぎでしたので、最大蓄熱時の外気温度を少しずつ下げました。

 今はマイナス5度になっていますが、ワガヤの使い方ではこのあたりが妥当です。

 しかしこれは、100%蓄熱することは全くないという事で、先にも書きましたが、今の使い方では容量7 kWのものは無駄というか勿体ない事になっている訳です。


 もう少し書くことがありますが、またまた長くなってしまいましたので、今日の所はこの辺で‐‐‐


にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へにほんブログ村 住まいブログへ


スポンサーサイト

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ


この記事に対するコメント

>前面に貼ってあるラベルが違います

すっごいですね(笑)!
いや、その通りですけど、笑ってしまいました。

時々しか氷点下にならないこちら(九州)ではどれくらいの容量でいいんでしょうね・・・。
【2008/02/02 23:07】 URL | おきらく旦那 #yzZvjdco[ 編集]

おきらく旦那さん、コメント有難うございます。

九州での蓄暖の容量‐‐‐
家の気密性・断熱性、それと、どこへ置いてどう使うかによりますよネ。
九州ではありませんが、だいぶそちら寄りにお住まいの亨珈さんが、2kWの蓄暖を上手に使われているように思います。
【2008/02/04 08:36】 URL | friday8 #zd2NwEL6[ 編集]

どちらかというと九州よりの猫御殿住まいの亨珈です(笑)
お褒めに預かり光栄です(^^ゞ
普通は個室につけるタイプの2kwで凌いでいますが、寒がりの夫はしょっちゅう蓄暖の前に居座り、ファンを回しています。
日中に何時間もそんなことをされると、流石に夜になると殆ど放熱しなくなりますが、普通に過ごす分には十分役に立っています(* ̄∇ ̄*)エヘヘ
今年は3回も雪が積もりましたが、ファンの稼動していない最低室温でも14℃あります。
とはいえ、元々マンションに住んでいた人とかは、やはり「寒い」と感じるのかも。

それにしてもスティーベルが日立と提携していたとは☆
大型電器店でよくある、自社ブランドの型番だけど元の製品と性能は同じですよ~ってやつなのですね。
【2008/02/04 21:21】 URL | 亨珈 #935qcF/Y[ 編集]

九州寄りにお住まいの亨珈さん、コメント有難うございます。

ご主人、寒がりですか。
ワタシも寒がりで、孫たちから北海道生まれなのにどうして寒がりなの?と不思議がられています。
思うに、寒い所で生まれ育った者のほうがかえって寒がりなのではないかと‐‐‐
【2008/02/05 22:44】 URL | friday8 #zd2NwEL6[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://fri8.blog102.fc2.com/tb.php/71-7d1e8fa1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。