FC2ブログ
アイフルホームで新築、笑うか泣くか
アイフルホームで新築(建て替え)することになりました。 ブログの記事が大変参考になりましたので、恩返しというほどではありませんが、ワタシも建築のプロセスなどを書いていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


家の寿命

 家の寿命は何年ぐらいなのでしょう?

 本やネットを見ていると、方々にイギリス75年、アメリカ44年、日本26年という数字が出てきます。

 何を根拠にしているのかと調べてみたら、国交省の平成8年の「建設白書」からの引用でした。

 もう少し新しいデータはないんでしょうか。

 ところで寿命26年というのは取り壊されるまでの年数であって、耐用年数というわけではありません。

 色々事情があって、耐用年数に達する前に取り壊されているんですね。

 ワタシも、よほど大きな地震でも来ない限りあと10年やそこらは持つだろう家を、築29年で解体したばかりです。

 いくら以前の日本の住宅が劣悪でも、平均耐用年数が26年ということはないでしょう。

 ところが本やネットでは、耐用年数が26年であるかのように書いているものがあります。意図的かどうか分かりませんが。

 イギリス75年、アメリカ44年というのは、国交省がどこから持ってきたのか分かりませんが、信じ難い数字です。

 よく「欧米の住宅は寿命100年が常識」だとか、「イギリスの住宅は百数十年の寿命」だとか言うじゃないですか。開きが大きすぎます。

 誰かがいい加減な事を言っているのでしょうか。
それとも、付帯する条件をとばして、数字だけを持ってくるからこういう事になるのでしょうか。


 ところで家は何年ぐらい持てばいいのでしょう?

 家は一生ものという考え方からすれば、30~40代で建てて80何歳かまで住むとして、50~60年持ってほしいという事になりますね。

 日本の従来の家は、これに少し足りないようですが、最近の家は何とかこの域に達しつつあるように思います。

 アイフルホームは「60年継続・耐震補償」を謳っていますので、その意味ではいい線をいっています。補償終了と同時に耐用年数に達するということではないでしょうから、70~80年は持つということでしょうか。今度聞いてみようと思います。

 一生ものと言うと長持ちするものの代名詞のように響きますが、「一代限り」という言い方をすると、それしか持たないのかというニュアンスになってしまいます。

 確かに二代、三代と住み続けるというイギリス人から見れば「たった一代か」という事になりそうです。

 エコロジーの観点からすれば、長持ちすればするほどいいという事になります。

 3ヵ月ほど前、自民党が「200年住宅ビジョン」なるものを発表しておりましたが、急に200年はオーバーにしても、取り敢えず「100年住宅」ぐらいは目指してよいのではないかと思います。

 ただそれには、丈夫な家とか、増改築に対応しやすい家とかいうだけでなく、宅地の広さや、中古住宅市場の活性化など、ほかのファクターも大事です。

 住宅産業・建築業界にとって望ましいのはどのような状況なのでしょうか。現在の建てては壊しという状況も相当魅力的ではあると思いますけど‐‐‐

 ワタシ個人にとっての100年住宅ということになると、自分の代はもう終わったし、子供の代も無理、うまくいって孫の代ですね。

 もしお金が貯まったら、子供を越えて孫に、あるいは曾孫に渡して100年住宅を建てる足しにしてもらおうかと思います。

 これから、お金の貯めかたと遺産相続について勉強するつもりです。
にほんブログ村 住まいブログへ
スポンサーサイト

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ


この記事に対するコメント

自動車に関しても、メンテナンスフリーの期間が延びているにもかかわらず、耐用年数は10年かそこらで、昔からあまり変わっていないような気がします。

住宅の耐用年数が短い(建て替えのため)のは、昔と違い住宅の外観内観に流行り廃りが出来てきたことと、リフォームがしやすくなったこと、建築会社が会社を維持するために本来不必要な建築を繰り返している為ではないかと考えています。

私は、リフォームが極力不要な家を目指しています。細かい手入れは必要でしょうけど。
最大の敵はシロアリと湿気です。
【2007/08/18 23:05】 URL | おきらく旦那 #-[ 編集]

このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/08/19 14:27】 | #[ 編集]

おきらく旦那 さま

コメント有難うございます。
さすがに鋭い見解ですね。
建材や設備などの進化(変化?)がはげしいのも良し悪しですね。それがなければ、耐用年数ギリギリまで寿命を保てますよね。
かなりの住宅が、まだ壮年期に姥捨て山に‐‐‐ということでしょうか。

>最大の敵はシロアリと湿気です。

ヤッパリそうですか。
とすると、日本は高温多湿ですから、欧米で100年持つ家をそのまま持ってきて建てても、50~60年しか持たないということがあるんでしょうか。
【2007/08/19 23:12】 URL | friday8 #Kl6rfU7I[ 編集]

X さま

誕生日の祝詞を頂き有難うございます。
確かに昨日は私の誕生日でした。
ただ、女房も息子たちも気がつかなかったようですし、ワタシ自身もこのコメントを見るまで忘れていました。
実は一昨日からパソコンの調子が悪く四苦八苦していたので、ほかのことには一切気が回らなかったということもありまして‐‐‐
とうとう今日、パソコンを買ってきました。
まだ箱から取り出しただけで、セットアップは明日です。

つい先ほど、寝る前に念のためにと壊れたパソコンの電源を入れたら、何と20数時間ぶりに動いてくれましたので、今こうして書き入れているところです。

【2007/08/19 23:39】 URL | friday8 #Kl6rfU7I[ 編集]

friday8さま

スウェーデンにもカナダにも梅雨はないですからね~。というのが自分の感想なのですが、いろいろ考えて長くなったので、自分のブログに書いてしまいました。
ネタをお借りしました。申し訳ございません(笑)。

家作りの先輩として、これからもご指導よろしくお願いいたします。i-179
【2007/08/20 14:38】 URL | おきらく旦那 #-[ 編集]

おきらく旦那 さま

先輩と言われると、どうも面映い感じです。
中味がないもので‐‐‐

こちらこそよろしくお願いいたします。


【2007/08/22 07:30】 URL | friday8 #rFz5iHis[ 編集]

はじめまして。
おきらく旦那さんのサイトから参りました。

確かに北欧の建築様式で対応できるのは、北海道だけのように私も思っています。
日本はやはり湿気も多いし、冬が長い国と比べてはいけないと思うのです。

耐用年数ですが、やはり家により開きが大きいですよね。
明治に建てた祖母宅はつい最近取り壊したばかりです(囲炉裏がある家)。
もっと昔に建っている友人宅の茅葺き白壁の家も健在です。

私たちもしっかりメンテナンスして、大事に住みたいものですね。
【2007/08/22 11:58】 URL | 亨珈 #ivjw1ng6[ 編集]

亨珈さま
コメント有難うございます。

おばあさんの家、築100年ぐらいだったんでしょうね。すごいです!
【2007/08/22 23:10】 URL | friday8 #rFz5iHis[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://fri8.blog102.fc2.com/tb.php/33-86c8c883
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。