FC2ブログ
アイフルホームで新築、笑うか泣くか
アイフルホームで新築(建て替え)することになりました。 ブログの記事が大変参考になりましたので、恩返しというほどではありませんが、ワタシも建築のプロセスなどを書いていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


家の予算

 多くの営業マンはのっけから「予算はどれぐらいですか」と聞いてきます。

 確かに客の予算が分かれば自分のところの商品に合う客かどうか分かりますし、すすめる商品も決まってきますので都合がいいのでしょう。

 ところで、若い人達とワタシのような高齢者では「予算」の意味合いがだいぶ違うのではないでしょうか。

 若い人が家を建てる場合は、いくばくかの自己資金と金融機関からの借り入れでまかないますが、貸してくれる限度額(あるいはローンの返済可能額から逆算した借りる事のできる額)がありますのでおのずから予算が決まってきます。

 大抵は土地と家の両方ですからなかなか大変です。親の援助でもない限り希望通りの家には手が届きません。

 たとえば自己資金1000万、借り入れ額3000万、計4000万とします。

 土地が2000万なら、家には2000万。

 2000万の予算でなるべく希望に近い家を、という事になるでしょう。



 高齢者の場合は全額自己資金でまかなうのが普通です。

 大抵、土地はあります。

 たとえば1億円の資産があって、何かの備えに3000万、使えるお金が7000万とします。

 家を建てようかとなった場合、予算は1000万から7000万の範囲という事も言えます。

 予算なんて無いとも言えます。

 知人の家とかモデルハウスとかを見て住みたいと思う家をイメージします。

 年寄りは見栄はもうあまりありませんから、7000万の余剰資金があっても、住みたい家が1000万ならそれにします。

 たまには7000万の家に住みたいと思う人もいて、その人は7000万の家を建てるでしょう。

 いずれにしても高齢者の家の予算は若い人に比べてフレキシブルというか幅があると思います。

 営業マニュアルがどうなっているか知りませんが、営業マンのかたは、年寄り相手のときは「予算はいくらか」ばかりでなく、「どんな家をイメージしているか」を聞いたほうがいいのではないでしょうか。
にほんブログ村 住まいブログへ

スポンサーサイト

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ


この記事に対するコメント

たぶん、金がない「不良顧客」を速く見分けて、効率の良い営業をしたいのでしょう。
「その予算なら私の所では無理ですから、他を当った方が良い」とか、ハッキリ言ってくれれば、お互いに無駄な時間を使わずに済みます。

建てる方でも、その会社の年間棟数と収入をみれば平均単価は分るのですが。


【2008/12/06 23:41】 URL | iBook #-[ 編集]

iBookさん、いつもコメント有難うございます。

やはり、ハウスメーカーの営業マンにとっては、まず第一にお客の予算を知ることなんでしょうかねー。
【2008/12/07 19:44】 URL | friday8 #zd2NwEL6[ 編集]

>やはり、ハウスメーカーの営業マンにとっては、まず第一にお客の予算を知ることなんでしょうかねー。

そう思います度、100%。
若い方がボロというか、ミスボラシイ服装で見学に行ったところ、営業マンが来なかった。というのをどこかのHPで読みました。
その方は資金はあったのですが、じっくり選びたかったので押し掛け営業マンを排除したかったそうです。
オヌシなかなかやるな、と感心しました。

【2008/12/13 19:44】 URL | iBook #-[ 編集]

iBookさん、Thanks for your comment again.

ワタシもモデルハウス巡りをした時は、ボロ服で出かけました。
同じ様なことを考える人がいるんですねー。
【2008/12/14 19:38】 URL | friday8 #zd2NwEL6[ 編集]

ボロ服で思い出したことがあります。
20年ほど前ですが、シンガポールが大好きで何回も出かけました。
この時の現地での服装が普段着(Tシャツ+半ズボン)でした。
お金持ちに見られて狙われないようにと言うつもりでした。
実際は、お土産も少ししか買わないので、ほとんど持っていないのですが。
【2008/12/20 22:51】 URL | iBook #-[ 編集]

iBookさん、コメント有難うございます。
シンガポールはいい所ですよね。
治安も良いですが、それでも旅行者としては用心するに越したことはないですよねー。

ワガヤもシンガポールには友人がいるんですよ。
ご主人はマレー系、奥さんは中国系の気さくないい人です。こちらからは滅多に行きませんが、向こうからは時々やってきます。
【2008/12/22 23:48】 URL | friday8 #zd2NwEL6[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://fri8.blog102.fc2.com/tb.php/31-809a8cb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。