FC2ブログ
アイフルホームで新築、笑うか泣くか
アイフルホームで新築(建て替え)することになりました。 ブログの記事が大変参考になりましたので、恩返しというほどではありませんが、ワタシも建築のプロセスなどを書いていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


結婚と家造り

 「結婚と家造り」と言うと、結婚を機に家を建てるといったような話かと思われるかもしれません。
 
 しかし、ここで書こうと思うのは結婚と家造りは似ているなーということです。

 最近フトそう思い、色々考えてみるとそっくりな事が沢山あります。

 そのうちの幾つかを‐‐‐

 前提として、婚約=契約とします。結婚式は家そのものについてなら完成入居時でしょうが、建築業者との関係で言えば着工時でしょうね。

 以下、婚約を契約、結婚を着工‐‐‐といったように適宜読み替えてみてください。

 婚約に至る前の交際期間、相手は最大限取り繕っており、容易に欠点は見せません。イイナーと思います。

 あの人もこの人も良かったりしますが重婚は出来ませんから一人に絞らざるを得ません。

 打算も大いに働きますが、相性が大事です。


 婚約から結婚までの婚約期間、ウキウキ、ワクワク、人生最良の時かもしれません。

 アバタもエクボで、何もかも良く見えます。

 楽しい夢のような新婚生活が待っていると錯覚します。

(ワタシの今は正にこの時期ですが、再々婚(3度目の家造り)ですので、あまり過大な期待はしていません。それでもやはり、少々はウキウキした気分です。)


 いざ結婚してみると、早々に寝ぼけた素顔を見ることになります。

 ビックリするほど家事が苦手だったりして、現実を思い知らされる事になります。


 男は婚約するまではエラク気前がいいです。大盤振舞いもします。

 婚約するとサイフの紐が少しかたくなります。

 結婚してしまうと、もう別人のようです。釣った魚にえさはやりません。


 人は誰でも欠点がありますが、長所も沢山あります。

 幸せな結婚生活を送るコツはなるべく相手の長所を見て暮らすことです。

 欠点の方にばかり眼がいきがちな人がいますが、自分が選んだ配偶者に文句タラタラなのは、自分の観察眼・選択眼を否定する事でもあり自己矛盾に陥りかねません。

 そういう人は、毎日3回ぐらい「うちの嫁さんは世界一だ!」とでも唱えることをおすすめします。

 だんだんそんな気がしてきて、世界一とはいかなくても、まずまずの女房だと思えるようになると思います。

 まだまだありますが、とりあえずこんなところで‐‐‐
にほんブログ村 住まいブログへ

スポンサーサイト

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ


この記事に対するコメント

>そういう人は、毎日3回ぐらい「うちの嫁さんは世界一だ!」とでも唱えることをおすすめします。

う~ん、じつに含蓄のあるお言葉。
わたしは、言葉には出しませんが、毎日妻に感謝しております。
(ということに、しておいてください。世界平和のために)

【2008/12/06 23:34】 URL | iBook #-[ 編集]

iBookさん、コメント有難うございます。

妻は自分には出来すぎた女性だと思い、家も自分には充分過ぎる程の家だと思って暮らせれば、(他人はどう思おうと)幸せじゃないでしょうか。
【2008/12/07 19:41】 URL | friday8 #zd2NwEL6[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://fri8.blog102.fc2.com/tb.php/26-de294545
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。